「葬祭業への相続診断士の活かし方」の記事一覧(2 / 3ページ)

営業のきっかけ作り? あなたはお客様に相続の手順を説明できるか

最近では、相続に関心が集まっています。 もちろん、相続税の最高税率が上がるということで 話題になっていることもありますが、 そもそも、少子高齢化社会の日本においては、 相続は避けては通れない道です。 さて、相続に関心が集・・・

身近にいる?相続関係の相談をされやすい人、されにくい人

相続というのは、センシティブな話題です。 そのため、簡単に相談というわけにはいかないのですが、 相談しなくてはならない場合、どういった人に相談をするのでしょうか? 実際に、相続関係の相談をされやすい人とされにくい人がいま・・・

女性税理士の相続セミナーが大人気の隠れた理由

相続税改正に伴ってかもしれませんが、 現在相続セミナーが盛んにおこなわれています。 その中でも女性税理士の相続セミナーは 満員御礼というような状況が続いているそうです。 この大人気の理由を考えてみましょう。 実は、相続セ・・・

葬祭業者に求められる相続の知識と現場での使い方

これからの時代、 葬祭業者でも相続の知識をもっているということが 生き残りの策だと思っています。 実は、葬祭業者って現在けっこう厳しい状況なのです。 高齢化社会ということもあって、 葬儀の数は増加しているのですが、 1件・・・

公正証書遺言が96,000通と過去最高。これから営業に必要な知識といらない知識

公正証書遺言が、96,000通と過去最高なのだそうです。 それだけ、遺言を書く人が増えたということなのでしょう。 確かに、少子高齢化によって、 お年寄りが増加したことによって、 遺言を書く人が増えたという事実もあるでしょ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ