相続診断士の最前線インタビュー(保険業)

■相続診断士資格を知ったきっかけは?
社内の資産法人部門担当者と話しているときです。
「笑顔相続」を理念に掲げた、新しい組織が出来たらしい、
という話を聞いたので「笑顔?」と興味を持ちました。

■いつごろから相続について意識しましたか?
はじめは、プロコンサルタントとして保険業界に入った5 ~ 6年前(2008年9月)、
保険業界に転職した月に、リーマンショックが起こりました。
私は、保険=資産と捉えていますので、相続も気になっていました。
しかし、この時は相続よりも、外貨を持つことで、「お金を病気から守る」
と言うことに重きをおいてました。
そして、相続診断士を知ったときに、「笑顔相続」を増やせるのは、
相談を受ける税理士の方だけでなく、その前の段階で、「道先案内人」として、
普段からお客様の身近にいて、気持ちに寄り添える私達プロコンサルタントだと
気付いたことです。
昨年は北海道にて相続診断士としてセミナー講師をさせていただきました。

■笑顔相続を広げる手順は?
対象となる方の心と向き合うことなので、手順(マニュアル)は、無いと思いますが、
保険証券に自分の資格証のコピーを入れて、お客様に私は全力で取り組んでいる
姿勢を見せるようにしています。
そして普段からお客様の身近にいて、気持ちに向き合える人間関係が
大切だと考えています。
その時に、自分が相続診断士であったと言うことから、「道先案内人」と
なれるのではないでしょうか?
相続の問題は、一般的に敷居の高さを感じられている士業の方々よりも、
私達プロコンサルタントや資産の動くタイミングのハウスメーカー担当者が、
相続診断士となることです。
カーディーラーの営業職の方なども、 良いかもしれませんね。

■携わったお客様からの声は?
相続税対象の方は、税理士へ依頼します。
非対象の方は相続に関する情報をヒアリングしています。
お客様からは「話をできる相手がいて良かった。
誰に話していいか分からなかった、ありがとう」と言って頂く事が増えてきました。

■全国の相続診断士に一言
自らの学びで、生涯に1件でも、相続診断士として、
争う相続を笑顔相続へ変えれるとしたら、素敵なことではないでしょうか?
私は、その中の一人で在りたいと思っています。

■今後の展望やスケジュール等をお聞かせください。
今年度中には私のスカウトしたメンバーや今後スカウトする方にも、
相続診断士を受験してもらい、「笑顔相続」を増やせる
プロコンサルタントチームを作り上げて行きたいです。
来年には税制改正もありますので急いでチームを作ります。

引用 相続診断士協会発行 【笑顔相続新聞より】
生命保険会社勤務 Hさん

サブコンテンツ

このページの先頭へ