生命保険営業マン必見!これからの営業に求められる相続の知識

現在、相続関連ビジネスはかなり盛り上がっています。
そのため、相続に関連するだろう、金融機関や葬儀関連、
はたまた士業の方たちもどんどん、相続関連ビジネスに参入しています。
それだけ、相続関連ビジネスは、
これまであまり目を受けられずプレイヤーが少ないために、
見落とされた領域だったのです。

 

これは、生命保険業界であっても同じなのです。
保険というものを扱う性質上、相続には非常に関連する業種なのです。
最近では、生命保険の営業マンが相続の知識を身につけて、
活躍されている方がいらっしゃいます。
そういった方たちは、今まで未開拓だった相続関連ビジネスに、
知識を武器に新しいマーケットを切り開いているのです。

 

では、なぜ相続の知識が必要なのでしょうか?
それは、相続は個々の家庭によってすべて状況が違い、
状況を勘案して相続対策を行わなければなりません。
そのため、単純に生命保険の販売というだけでなく、
他の財産(不動産や預金)などをひっくるめて
対策の中にどう生命保険という商品を有効活用でいるかを
プレゼンテーションしなくてはなりません。
そのため、相続関連の知識が必要なのです。

例えば、生命保険の死亡時の支払いについては、
相続人1人にたいして500万円までが非課税です。
よって、相続人が4人いれば2000万円まで非課税となるのです。
当然、死亡保険金は、現金で支払われます。
これが大きいのです。

相続税は、現金納付が基本です。
物納ということも可能ではあるのですが、
なかなかそういう形となることは少ないのです。

そこで、もし相続するのが不動産ばかりで現金がないといった場合には
どうなるでしょう?
相続税を現金で支払うことが出来ないので、
不動産を売却して現金を作って納税するしかありません。
しかし、そういった場合には、足元を見られるのは当然のこと。
不本意な価格で売却せざるを得ないケースがあるのです。

こういうときこそ、死亡保険金は有効なのです。
死亡保険金で現金が入ってくるため、
相続税の支払いに充てることが可能となるわけです。

 

とは、言いながらもこの場合、相続に関する知識は、
弁護士や税理士なみの知識が求められるわけではありません。
特に、複雑な場合には、
多くのプロフェッショナルがチームを組んで対応します。
要はそのプロフェッショナルチームの中で
交わされる会話の中身が理解できればよいのです。

そのため、生命保険の営業マンで、相続診断士の資格を取る方が激増しています。
この資格ならば、相続全般の知識を得ることができるためなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ