売れてる不動産営業マンは相続のイロハをしっていた

相続において、不動産というのは結構ややこしいのです。

 

なにせ、不動産には、名前が書いてあります。
不動産登記ということで、役所に届け出がされていますから、
モノがモノだけに隠すこともできませんし、
役所に届け出ていますから、逃げも隠れもできないのです。

そのため、相続となった場合には、
必ずといっていいほど登場するものです。

 

さて、不動産は名前が書いてあるということだけが問題ではありません。
不動産の価格(主に土地になるのですが)資産価値は変動します。
また、共有名義ということで、複数人で所有することもできるため、
権利関係がちょっと曖昧であったりします。

さらに、不動産は、これを担保にお金を借りることができます。
そうすると登記には、抵当権の設定がでてきます。
もちろん、借りたお金をすべて返せば抵当権は消されるのですが、
抵当権が残ったまま、持ち主が亡くなった場合には、
これらの処理が面倒なのです。

 

さて、そういった面倒なことがあるため、売れている不動産営業マンは、
相続の知識をもっている方が多いのです。

相続というのは、人が亡くなったことによって発生するのですが、
相続対策はその前から行われています。
ましてや、不動産は資産価値が高いことが多く、
相続税の対象となることも多いのです。
そのため、不動産を購入する場合には、
将来を見据えて相続にまで渡った
コンサルティングできる不動産の営業マンは重宝されているのです。

 

例えば、2世帯住宅の場合は、父子でローンを組むことになります。
しかし、普通なら父の方が先に亡くなることになりますので、
共有名義であればいずれは子が相続することになります。
しかし、ここに生前贈与を組み合わせることで、
子の持ち分を最初から増やしておくということが可能です。

これは、単純に不動産を購入してもらうというだけでなく、
将来にわたって起こりうる問題を前もってコンサルティングできる能力です。
こういったことが、現在求められているのです。

 

そのため、相続関連の知識をつけようと、
多くの不動産関連の人が相続関連の資格を取得しています。
これによって、お客様に有益な情報を提供できるだけでなく、
自分自身の営業成績の向上にもつながるからなのです。

出来る不動産の営業マンは、
相続関連の知識も豊富にもっています。

そこに相続関連の資格があれば、
将来の相続についても相談ができる営業マンとして信頼してもよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ